英会話トリビア - Eigopop ☆英会話先生Mimiのブログ

Eigopop ☆英会話先生Mimiのブログ

英語教育・おうち英語に関する情報を配信中!

next

英会話トリビア

アメリカの小学校推薦のITを駆使した無料教育ゲーム!

Hi,
How's everything today?
I am doing busy but well.
I can't believe how fast time flies.
It's almost October!?
Wow! Time goes by so fast!

こんにちは。
今日はいかがお過ごしですか?
私は忙しくも元気にやっております。
時間が経つのが早すぎて信じられない今日この頃。
もうすぐ10月ですって?
時間が経つのが早い!




今日は、LAで音楽学校で働いていた時の先輩講師La Resiさんが執筆されているブログ
『ロサンゼルスで子育て 親子時間を楽しみたい!』
をご紹介したいと思います!

彼女は現在もロサンゼルス在住で、6歳の女の子と3歳の男の子のお母さんです
こちらのブログでは、育児に関するあれこれや、LA情報、バイリンガル教育などについてインスタグラムと連動し
海外での貴重な情報を発信されていらっしゃいます。
是非是非みなさんチェックしてみてくださいね
(La Resiさんのインスタ:laresimom)

さてさて
こちらのブログで紹介されていた、アメリカの小学校推薦のITを駆使した無料教育ゲームを早速使ってみましたおおお、これはすごい
これをうまく活用すれば、無料で生きた英語の学習ができる!!と思いましたので
是非ご紹介させてください。

まず、
こちらのLa Resiさんの記事をお読みください!
ロサンゼルスの学校事情 IT技術で算数を得意に


早速私もこちらで紹介されているFreckleをTeacher登録し、使用してみました
アメリカの小学生は、算数や英語の読解や社会科などをこのようなゲームで楽しく学んでしまうのですね。
しかもこのカリキュラムは、先生側から生徒達の進み具合やスピードなどがグラフになって管理観覧可能なんです。
そのため、先生は一人一人に合わせた課題を出したり、生徒は自分の好きなスピードで進んでいくことができるのです。とってもアメリカ的で、個人を尊重している考え方ですよね。

また、こちらはアメリカ50州で使用され550,000もの講師が登録し使用しているということで、とても広く活用されてる教材だそうです

もちろん全ては英語で繰り広げられる教材なのですが、
実際子供が使う画面を試したところ、子供が一人で使う設定になっているので
文字をタイプすることはなく、クリックして音声を出したり、4択で答えをクリック選択したり、
アイテムをドラッグし動かすといった簡単な操作になっておりました
これだったら、英会話の勉強に日本のお子さんも十分に活用できると思いました

現在私の英会話のレッスンをとってくださっているお子さんたちに、ちょっと試していただこうと思っています
簡単な操作方法を教えてあげれば、お家で一人で活用できそうです。
私も子供たちがどのように進めているのかを、しっかり見ることができるので楽しみになってきました

実は、La Resiさんは、私がLAにいた時に音楽の先生になるためのトレーニングをしてくださった方なのです
今でもレッスンをしていると、彼女の優しく的確なアドバイスをたくさん思い出します。
何もわからなかった私を、キッズの先生への道へ導いてくださったのは彼女なんです。
そしていつもいつまでも、いろいろなことを教えていただき感謝です
これからも、La Resiさんの記事を楽しみにしています

Thank you for reading!

Mimi


見て、聴いて、体を使って、真似をする

エイゴポップ英会話無料体験レッスン

エイゴポップ英会話無料体験レッスン

はこちらから

eigopop.com







英会話無料メルマガ『123おうちde英会話』にもご登録お願いいたします。お子さまがおうちで楽しく学習できる英会話ミニレッスン動画などを、毎週無料配信しております。

英会話無料メルマガ『123おうちde英会話』にもご登録お願いいたします。お子さまがおうちで楽しく学習できる英会話ミニレッスン動画などを、毎週無料配信しております。




メルマガの無料登録はこちらからどうぞ


ブログランキングに参加しています。

Thank you for your support









英語で自然災害の名前言えますか?

Hello!!
Good evening.
How are you?
I'm doing well.
I hope you are doing well and be safe....

こんばんは。
お元気ですか?
私は元気ですよ。
あなた様が元気で安全な場所にいらっしゃいますように。



今日は9月11日です。
セプテンバー・イレブンといえば、2001年に起きたニューヨークの悲劇を思い出します。
その時私は、ロサンゼルスに移り住み2年が経っていた頃でした。

さて、その瞬間私は何をしていたかというと
朝5時頃だったと思います、母からのパニックな声の電話で目が覚めます。
何事かと思いテレビをつけると、ちょうど2機目の飛行機がビルに突っ込むところでした。

朝1人ぼっちでその悲劇のライブ映像を見ながら、現実と非現実の境目が分からなくなった不思議な感覚を覚えました。
何もかもがスローモーションになり、自分の呼吸が聞こえました。
どうしよう!まだまだ英語も上手にしゃべれない、一人暮らしの外国人、マイノリティー。
何かあったら自分から淘汰されるのでは、、、と感じました。
結局ロサンゼルスにはテロは及びませんでしたが、その時はまるで底が抜けたように絶望的な気持ちになりました。

それから17年経った今でも、災害のニュースやテロの映像を見るたびにあの感覚を思い出します。
他人事ではない、非現実的な現実。
今、無事に健康に生きていられることに感謝を忘れないでいたいですね。

そんなわけで、今日は自然災害 Natural Disasterの名前を紹介します。
ニュースでもよく聞く言葉ですのでしっかり覚えておきたいですね

hurricanes (へリケーン) ハリケーン

volcanic eruptions (ヴぉルケーノ・エラプション) 火山噴火

earthquakes (アースクウェイク) 地震

wildfires (ワイルドファイヤーズ) 山火事

tsunamis (ツナミズ) 津波

landslides / avalanches (ランドスライズ) 地すべり・(アバラゥンチズ) 雪崩

tornados (トルネィドーズ) 大竜巻

blizzards (ブリザーズ) 大吹雪

floods (フロッド) 洪水

droughts (ドラウツ) 干ばつ


また、ロサンゼルスで車の助手席に乗っている時に、警察とギャングの銃撃戦にも遭遇したことがあり

Get down!  (ゲットダウン)
と運転していた友達に言われ、ぼーっとしていた私の頭を思いっきり下に抑えられて猛スピードでバックで走ったことがあります。その時は心臓が飛び出るくらいびっくりしました。
Stay there! (ステイゼア)と彼女は叫びました。

日本ではあまり遭遇することのない銃撃戦。アメリカでは物騒ですが結構よくあることです。
こちらに銃撃戦にあった時の命の守り方がウィキハウにありましたので、
リンクを貼っておきます。
海外に行くなんて時は、一読しておいたほうがよさそうです
こちら”職場や学校で銃撃戦があった時の生き残り方”


お子さんでも、

Get down! (ゲッダウン)床に伏せろ
Cover your head. (カバーユアヘッド)頭を守れ
Are you ok? (アーユーオケー?) 大丈夫?
Let's go. (レッツゴー)行こう。

くらいは理解できると、海外旅行も安心かもしれません。

でも一番大事なのは、そんな時にパニックになったり、大きな声を出したりしないことかもしれません。
Stay calm... ステイカーム
Be quiet.... ビークワイエット

ですね。


Thank you for reading!

mimi

見て、聴いて、体を使って、真似をする

エイゴポップ英会話無料体験レッスン

エイゴポップ英会話無料体験レッスン

はこちらから

eigopop.com







英会話無料メルマガ『123おうちde英会話』にもご登録お願いいたします。お子さまがおうちで楽しく学習できる英会話ミニレッスン動画などを、毎週無料配信しております。

英会話無料メルマガ『123おうちde英会話』にもご登録お願いいたします。お子さまがおうちで楽しく学習できる英会話ミニレッスン動画などを、毎週無料配信しております。




メルマガの無料登録はこちらからどうぞ


ブログランキングに参加しています。

Thank you for your support









英会話は絵に描いた餅『pie in the sky』?

Hello!!
How's your summer going?
It's been really hot lately...
I hope you're having a good summer.


こんにちは、
夏をいかがお過ごしですか?
最近ものすごく暑いですが、
あなた様の夏が素敵な夏でありますように、、、。


最近は本のレビューばかりでしたので、久しぶりに自身の体験談などを書こうと思います

まず、、、
アメリカで生活を始めてすぐの日常英会話初心者の頃に、
その単語を使うと会話がぐんと伝わりやすくなったなあぁ、と思う単語を思い出してみました
そうしたら、まあどうでしょう!
どれも、ごくシンプルな簡単な単語ばかりでした

日常英会話が伝わりやすくなる単語ベスト3!

1)Better ベター

You better tell him. 彼に言った方がいいよ。
ユぅベタテルヒム
It's better that way. その方がいいのよ。
イッツベターザッウェイ
You better!     そうするべき!
ユベダァ

2 ) Gotta ガダ (Got toの省略)

I gotta go. もう行かなきゃ!("I've got to go" の方が本当は文法的にはあっているのですが、口語ではこちらが主流。)
アイガダゴー  
アイガダの後に動詞をつけるだけで〜しなきゃ、やばい!といった感じになるので使いやすい。
例)I gotta eat now. 今食べないとダメ!(お腹空きすぎな時に)
例)I gotta go to bed. I gotta get some sleep for tomorrow. もう寝なきゃ、明日のために睡眠取らないと!
I got it.  分かった。
アイガディ
You got it! 任せといて。
ユーガディ

3)Going ゴーイング

What's going on??なんかあった?とか、調子はどう?
ワッツゴーイノーン
How's it going? 元気?
ハウズィットゴーイン?
Hope everything is going well with you. 全てが上手くいっていることを願ってるよ。
ホープエブリシングイズゴーインウェル 

このbetterもgot もgoingも、もちろん単語は知っていたつもりでしたが
最初は会話でうまく使用できませんでした。
特にbetterなんかは、文法から
A is better than B 
”AはBより優れている”
みたいに覚えていたので
thanを使わないでみんな使っていて、いきなり戸惑ったのを覚えています。

単語を読み書きできたり意味や文法を知っていること、英語をコミュニケーションとして使えることは全くと言って別物だというのを実感したのでした。

まず英語でコミュニケーションできるようになるには、
簡単な英単語を使い、状況を伝える練習をすることがスタート地点となります。そしてそれから意思を伝えたり、文章化へと進化していこうではないでしょうか


ですので、まず一番最初の段階の英会話の練習は
たとえそれが、Yes or Noだけの簡単英単語だとしても
英語で状況を伝える練習をすることが本当に大切なんです!
そのように実際に自分が感じたことや、伝えたい内容をどんなに簡単な英単語でもコミュニケーションとして使用するシミレーション式な練習をしないと、いつまでも英会話学習は絵に描いた餅のまま、そう『pie in the sky』としていずれ忘れてしまうものだと私は言い切れます!

絵に描いた餅は英語で『pie in the sky』(空に浮かぶパイ)だそうです!
なんかかわいいですね
ちなみにドイツ語では『Ein Luftschloß 』(空気でできたお城)だそうです!笑

mochi
コラージュしてみました〜

Thank you for reading! :D/

Mimi


英会話無料メルマガ『123おうちde英会話』にもご登録お願いいたします。お子さまがおうちで楽しく学習できる英会話ミニレッスン動画などを、毎週無料配信しております。

英会話無料メルマガ『123おうちde英会話』にもご登録お願いいたします。お子さまがおうちで楽しく学習できる英会話ミニレッスン動画などを、毎週無料配信しております。




メルマガの無料登録はこちらからどうぞ


見て、聴いて、体を使って、真似をする

エイゴポップ英会話無料体験レッスン

エイゴポップ英会話無料体験レッスン

はこちらから

eigopop.com


ブログランキングに参加しています。

Thank you for your support

はこちらから


eigopop.com

ブログランキングに参加しています。

Thank you for your support





英会話はビデオゲームの様に話すべき!?

Hi,
How was your weekend?
I had a relaxing weekend.
Let's start this week with a lot of energy!!

こんにちは、
週末はいかがでしたか?
私はゆっくり過ごせました。
さあ、元気に今週も参りましょう!


この週末は久しぶりにゆっくりできましたので、大好きなYouTubeサーフィンをしましたよ
テッドトークで興味深いビデオを見つけたので紹介します。

Why you should speak English like you’re playing a video game
〜英会話はビデオゲームの様に挑むべき!?〜

by Marianna Pascal
TEDxPenangRoad


こちらのビデオをはマレーシアやアジア圏で英会話を教えているマリアナさんという女性のトークです。

彼女が言うには、英会話のコミュニケーション能力がある人に共通する点は、
英語のレベルが高いことではなく、英語のレベルが低くても、英語で会話する事に対する態度(attitude)が前向きであるという事だそうです。

こちらのトークをまとめてみました

1、英会話は技術としてマスターするものではなく、コミュニケーションするための道具である。
(English is not an art to be mastered, it is a tool to communicate.)

2、文法をマスターしたかどうかが問われる学校の試験で英語の能力が判断されるのは間違いである。
本来なら、実際にコミュニケーションが取れるかどうかでテストされるべきである。それは、英語で話す相手と対面したときに、ちゃんと意思疎通ができるか?コミュニケーションに伴った行動が取れるか?または、メールで要点を伝えられるか?などである。(Students are judged in their exams on their ability to master the language, which is not correct. They need to learn the language to communicate well; to understand the people in front of them or the received email, and then do the action required, that's all.)

3、英会話でコミュニケーションするのに一番大切な事は、自信を持って相手にはっきりと分かる様に、たとえ簡単な言葉を使ってでも、意思を伝える事である。英文構成能力があって難しい文章を組み立てられても、伝えたい事が伝わらない様では意味がない。(The confidence is the most important one to deliver your clarity to the people in front of you, if you miss it you won't deliver the message clearly even if you master the language.)

4、次回に英会話するときに試して欲しいのは、話している相手に集中する事で、自分が間違えない様にしようとする事ではない(When you talk with the people next time focus on the person in front of you and don't focus on yourself or try to correct yourself.)


彼女がはこうも言っています。この地球上全体で話されている英会話の4%がネイティブのみの会話で、残りの96%はネイティブではない人が混じっている英会話ですと言っています。
世界共通語の英会話、母国語ではない人にとっては、ただのコミュニケーションするための道具にすぎないのです。

そのときにふと思い出したのですが、こちらの予言?をご存知ですか?

アメリカ・デューク大学の経済学者キャシー・デビッドソン氏が、
『2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもの65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業につくだろう』と予測したというお話です。

結局この予言は、65パーセントとは言っていなかった!という結末になるのですが、
確かにこの噂が広まったベースには、今の子供達が大人になり社会人適齢期になった時には今ある仕事より新しい仕事の方が多いはずでしょう。
といった考えがあるからです。
そして、その新しい仕事とはなんなのでしょうか?
きっとそれは、どこの国でもグローバルなスケールで展開されていくのだと思うのです。

また、2020年からセンター試験が廃止されることが、文部科学省によって発表されたのはご存知でしょうか?
こちらは予言ではなくて、本当のお話です。今までのような、一発勝負の試験での入試ではなくなるのです
そして小学校でも、2020年からの英語教育改革に向け2018度から段階的に英語科目、英語活動が導入されているのです。新しい教科書も拝見しましたが、本当に英語という義務教育の科目が『聞く〜話す〜読む〜書く』と言った順番、今までとはまったく真逆になる事になっているのです!

ちょっと脱線しましたが、、、
何が言いたいかというと
今の日本の子供は英会話をコミュニケーションの道具として
大人が義務教育で今までに学んだ様なやり方ではない、新しい学び方をしないと
彼らが大人になったときにとても困る世界があるだろうという事なのです。


まるで、英会話はビデオゲームをしているかの様に人目を気にせずに、楽しんで会話することが鍵であると、
このビデオの女性マリアナさんはまとめていました。
エイゴポップに通じるところがありすぎて、思わず力説してしまいました

今までの英語の当たり前と、今の子供の未来の英語の当たり前が
どれだけ変わっていくのか
楽しみですね!

Thank you for reading!

ミミ

見て、聴いて、体を使って、真似をする
エイゴポップ英会話無料体験レッスン
はこちらから

https://eigopop.com/

ブログランキングに参加しています。
Thank you for your support

   
    人気ブログランキング

   にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ


   

Profile

Mimi

Author:Mimi

子供向けオンライン英会話エイゴポップの運営と先生をしているMimiです。アメリカ在住歴15年、ドイツ2年、現在ジャカルタ在住です。幼児英語教育・おうち英語に関する情報や、日々のレッスンから得た気づきなどを書いています。お気軽にコメント残してくださいね 🍀

見て、聴いて、体を使って、真似をする
見て、聴いて、体を使って、真似をする

ダイレクトメッセージはこちらからお願いいたします✨

以下のサイトにも英会話情報配信中です!

ソーシャル

Search form

next