『イメージ直結英語』原則1

Hello, It’s mimi again.
How are you today?


お久しぶりです!お元気ですか?
前回のブログで、『イメージ直結英語』のお話しをしましたが覚えていますか?
イメージと印象が日本語のフィルターを通らない英会話、、、というお話でした。意味不明な方はこちらをチェックしてから続きをどうぞ

さてさて今回は、その『イメージ直結英語』の練習法をまとめる!と豪言していたので書いてみたんですが、
なんせとっても長〜い練習法になってしまったので、原則に分けて紹介し、シリーズ化することにしました!

ではでは始めますよー!♪(o・ω・)ノ))
『イメージ直結英語練習法』には8つの原則があります。
この8つの原則を使えば、皆さんの英会話習得の道が最短になることは間違いないと思います。
これらは、自分自信の経験や、本やTedTalkなどをまとめて作ったもので、皆さんのお役に立てばと思ってここに書いています。何かを売ろうとしているようなブログではないので安心してご覧ください!
それでは、今日は原則1を紹介したいと思います。


Principle #1 原則1

Use English as a Tool to Communicate… from Day 1.
英語を最初の最初から、『意思疎通・コミュニケーションの道具』として使うこと。

はっきり言って、英語で喋れるようになるというのは知識の蓄積とは全く違ったものだと、私は言い切れます。英単語を1000語を使えれば、日常英会話は85%カバーできると言われていて、3000語あれば日常英会話の98%をカバーできるとも言われています。

一方、日本の文部科学省のホームページによりますと、
高校卒業時の到達目標は、英単語数3000語だそうです。

ということは、高校卒業レベルまでの英単語3000語知っていれば、英語は何とか話せるはずということですそんなわけで、英語を勉強するという感覚を、まずは一度忘れましょう!
英語は知っているのに、使い方を知らないだけというふうに考えてみてはいかがでしょうか(ノ´▽`*)b☆

ですので、今までの学習法の日本語の単語と英語の単語を対応付けて、記憶するまで何度も繰り返すということをする必要がなくなります。
今現時点で知っている英単語で意思疎通を図ることが『イメージ直結英語』への第一の扉となります。
英語で言いたいことをどうやって伝え、相手の言わんとすることをどうやって理解するかに集中しましょう。


いかがでしたでしょうか?
次回はPrinciple #2 原則 2 を紹介していきたいと思います!

See you soon!

Mimi :D/


ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください!
にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ



人気ブログランキング













『イメージ直結英語』Direct Connect to Mental Images

Hello,
How have you been?

(しばらく間が空いてしまいましたが)お元気ですか?
I am visiting my family in Japan now!
私は今、日本の家族に会いに来ています!

今日は、久しぶりの日本ということで、学生だった頃などを思い出しながら書いてみようと思います。

初めての海外旅行の時、歩行者信号に、Walk / Don't walk と書いてあることに感動し、
何年も勉強していたはずの英語で、アメリカに行ってまず『ハロー』から次が全く話せなかった私。
アメリカに住んでいても、日本人留学生のコミュニティーから離れるまで、英語なんてほぼ喋れませんでした。
今思うと、これらに英語を話せるようになるための、重要なヒントがあったのです。

それを説明するために、まずは私の経験談を書きますよぉ∠( ^ o ^ ┐)┐ ♬

まだアメリカに来て最初の年、私は英語もままならないのに無謀にも6人のカレッジ仲間のアメリカ人と、夏休みのロードトリップに出かけました。♪(/・ω・)/ ♪日系アメリカ人の友達もいたので、心強く感じていたし、目的地はフロリダに住む一番仲良しの友達のご両親のお家ということで、迷わず行くことを決意しました。
しかし旅に出始めて気がついたのですが、それはとてもワイルドで、超アメリカンな日常だったのです。(;゜0゜)

例えば、長い間休みなく運転して疲れたので芝生で寝転んで3時間仮眠をとるとか、(°_°)
ミニバーガーを300個ドライブスルーで買ってみんなで完食するとか、((((;゚Д゚)))))))
レストランのウェイトレスに人種差別を受けたため、ペニーでチップの代わりに悪い言葉を文字にしちゃったりと、(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
フロリダまでせっかく来たんだし、このままマイアミまで行っちゃおうぜ!→全員ノリで”yeah!!!” エェ━━━━(゚д゚;)━━━━!!

毎日が、とってもアメリカンでわんぱく学生旅行だったのです。
(*゚ロ゚)え?(*゚ロ゚)え?(*゚ロ゚)え?なモーメントばかり!
四六時中そんな彼らと一台の車で何週間も一緒だったのです。カルチャーショックの連続!!!ヽ(´∀`)ノしかし、そのうち何にも気にならなくなり、一緒に楽しんでしまう自分がいたのでした。

そんな旅行のメンバーの一人に、ことあるごとに
"Ewww!!" イウゥゥー!!(”ウエェー、きったなーい!)(*σ´Д`*)┌
と顔をしわくちゃにして笑うという、お茶目な女の子Jennyちゃんがいました。
ある時、男の子達がふざけてケチャップだの、マヨネーズだの、マスタードなどを飲み物のカップににぐちゃぐちゃに混ぜて遊んでいて、結局それをストローで飲み始めるという、今思っても幼い罰ゲームを始めました。

私はJennyちゃんと一緒になって、Ewwww!! イウゥゥー!!と同じ表情をして笑い転げていたのです。(*σ´Д`*)┌(*σ´Д`*)┌顔をしわくちゃにして肩を上げ、完全に変顔としか言えない自分の顔にも、違和感を感じなかった自分がいたのです!
そしてそのあとに、It's gross!! イッツ グロス! (ゲロ吐きそうなほど、きもい。)も自然と出てきたのです。

それは、私にとってイメージと印象が日本語というフィルターを全く通らずに出てきた最初の英会話経験でした。

(´・ω・)ナニソレ?

その英会話経験、ちょっと説明させてくださいな。(゚∀。)アヒャ

まず、すべての物事には、心の中にイメージがあります。
例えば、”火”について話すとき、
そのイメージの中には、煙の匂いがしたり、パチパチと炎を燃やしたりしていると思います。

『イメージと印象が日本語のフィルターを通らない?』とは
煙の匂いや、パチパチと炎が燃えたりしているイメージを思い浮かべ、”火”という日本語の響きをすっかり忘れ、Fireと言うことなんです。
つまりイメージやそれに関する記憶から頭に入って、日本語ではない、英語という別の経路から出るんです。
『同じ箱 別の道』!頭に英語という別の道の開拓をするともいえるでしょう!\(^o^)/

この別の道という経路を時間をかけて形成していくことが、外国語で喋れるようになる必須条件だと私は断言できます!
最初は難しくても、そのうち新しい音(fire, water, swim, etc.....)を元からある自分の内部のイメージに関連付けるのがだんだんと上手くなっていきます。そして何度も繰り返すうちに無意識にできるようになり、バイリンガル脳になって行くわけです。

英語ではそれを、Direct Connect to Mental Imagesと言います。『イメージ直結』です。


次回は、私を救ってくれた『イメージ直結英語の練習法』をまとめてみようと思います!

Mimi :D/


ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください!
にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ



人気ブログランキング













Profile

mimi

Author:mimi
Eigopopでオンライン英会話先生をしているMimiです。
アメリカ在住歴15年、ドイツ2年、現在ジャカルタに住んでいます。
子供の発育や、英会話についてなど、日々感じたことを色々書いています。
コメント気軽に残してくださいね🍀
また、ダイレクトメッセージはこちらからお願いいたします✨

contacteigopop@gmail.com

Thank you for visiting my blog today! :D

ウェブサイト:Website
http://www.eigopop.com/

ユーチューブ:Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCe4aML_Y-NfQp_OaElfqLpw

フェイスブック:Facebook
https://www.facebook.com/eigopop/

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR